Sponsored Link

古瀬絵理がスイカップの元祖、現在は何処で何してる?


古瀬絵理がスイカップの元祖、現在は何処で何してる?

capture-20150123-064752
私が過去この小保方晴子の話題でスイカップで話題を取り上げ

約30万人以上に閲覧を頂きこのブログでは大ヒットとなったわけですが

やはりスイカップってインパクトがある用語ですよね?

誰が付けたのでしょう?

スイカとカップを掛けてスイカップですよ、天才ですよ天才 笑。

でも、そもそもスイカップって名づけた人がいれば名付けられた人もいるわけで

一体誰がその対象者だったのでしょう?

非常に気になったのでスイカップの元祖の方を調査してみました。

Sponsored Link


 

スイカップの産みの親はフリーアナウンサー古瀬絵理?

capture-20150123-065158
色々見ていると元祖って古瀬絵理(フルセエリ)ってフリーアナウンサーって噂がありますね。

私は個人的に細川ふみえが巨乳にイメージが強かったです。

やはりあのバスクリンのCMのイメージが強烈でした。

capture-20150123-065405
その当時が2003年になります。

2000年当初は巨乳アイドルが凄く流行った時期で
  • 山田まりや(バスト87)
  • 小池栄子(91)
  • 佐藤江梨子(90)
  • 雛形あきこ(83)
  • 根本はるみ(103)
  • 細川ふみえ(90)
  • かとうれいこ(86)
  • MEGUMI(94)
などなど相当たる巨乳がイエローキャブに在席しており

古瀬絵理もアナウンサーでありながらもイエローキャブが移籍オファー

を出すんじゃないか?と噂されましたね(^_^;)

Sponsored Link

 

古瀬絵理のスイカップエピソードとは?

capture-20150123-065750
古瀬絵理がスイカップの命名元祖ということで色々それまでに至る

命名のプロセスがあるかと思うのでここで発表しておきたいなと思います。

古瀬絵理は山形県出身花沢市出身の1978年生まれ、2015年現在で36歳ですね。

玉川大学を卒業した後、山形放送の契約キャスターになったらしいです。

契約キャスターってのは契約社員?のようなものなんですかね?

あまり興味がないので次に行きましょう(^_^;)

 

■オススメ関連記事

天野っちと結婚した千里はGカップ巨乳元アナウンサー、整形疑惑の噂、画像公開

杉原杏璃整形のGカップバスト自画撮り?卒アル画像を公開

美女アナウンサーの卒アル一覧集

 

 

2003年に番組の中で仙台のMC担当アナがその巨乳さに驚き、

その話題が翌日のスポーツ新聞に取り上げられ知名度を上げていったとか?

スイカップの意味とは?山形がスイカの名産地であることと巨乳(カップ)を掛けて

スイカップと言われるようになったよう。

ちなみにスリーサイズは

B-95 W-60 H-89のGカップ!?(H、Iカップとの憶測も?)

本人は当初スイカップと呼ばれたくないきちんと古瀬絵理と呼んで下さい

と反発していたものの夫からスイカ模様の植物をプレゼントされ自身のブログに掲載したりと

自然と受け入れ武器にし始めたんですね。

本人いわくアナウンサーの枠にとらわれずひとりのタレントとして色んなことがしたい。

30代は仕事の幅を広げるチャンスだとまで開き直りもあったんだと思う。

その後は写真集やグラビアを飾ったりDVDを出したり自身の番組まで

スイカップ1本でいや2本?で獲得していったんですね。

capture-20150123-064115
自身のバストの経済効果は計り知れませんね 笑。

現在は局アナを辞め独立してフリーアナウンサーとして活躍、2012年には男の子を出産して育児に仕事に励む一児のお母さんとなっているようですね。

現代の巨乳ブームの火付け役になったのは貴方です。

日本全国の優良男児を代表して感謝をしたいと思います 笑。m(__)m

があんまり過激なことをやり過ぎてしまうと批判が多くなりますので気をつけて下さいね。

[`tweetmeme` not found]
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ